蒔絵 煙草盆古伊万里火入

★蒔絵 煙草盆古伊万里火入 
サイズ 高さ23cm 奥ゆき18cm 横28.7cm
状態  美品

漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを描き、それが乾かないうちに金や銀などの金属粉を「蒔く」ことで器面に定着させる技法である。金銀の薄板を定着させる「平文(ひょうもん)または、平脱(へいだつ)」や漆器表面に溝を彫って金銀箔を埋め込む「沈金(ちんきん)」、夜光貝、アワビ貝などを文様の形に切り透かしたものを貼ったり埋め込んだりする「螺鈿(らでん)」などとともに、漆器の代表的加飾技法の一つである。
Copyright(c) 2013 MAKOTOYA All Rights Reserved.